「アクアぴあ」はアクアリウム初心者を応援する”#水槽のある暮らし”がテーマの総合情報メディア

卵胎生メダカ 卵じゃなくて子供をそのまま産む魚たち

AQUAさん

卵ではなく子供の姿で繁殖するのが一番の特徴です。種類によっては色々な色彩を自分でつくりだす楽しみもありますよ!水温は26℃前後、水質は中性であればどの魚も大丈夫です。

国産グッピー

クリックで価格チェック!

飼いやすさ・丈夫さ★★★★★
他魚への攻撃☆☆☆☆☆ 
寿命/大きさMAX約2年 / 3-4cm

お店で売られているグッピーには国産と外国産がいます。国産は系統がしっかりと守られていて、ほとんどの場合オスとメスが系統ごとに別々に販売されています。血統が安定しているので、同じ種類のオスとメスを買って繁殖させれば、同じ柄や形状のグッピーを育てることができます。

日本で稚魚から育てられたので、日本の水に馴れており輸送のストレスも少ないため、購入後の病気や失敗も少ないといえます。繁殖場(ファーム)によっては高級なエサや活餌(ブラインシュリンプなど)を与えている場合もあるので、そんなグッピーは家に来てからエサの喰いが落ちることがあるので、購入ショップには事前に質問すると良いでしょう。

AQUAさん

他の色彩のグッピーと混ぜて繁殖させるとすぐに「雑種」になってしまいます。系統を守るのであれば、別々に飼育して、混泳はオスだけにする、などがおすすめです。

外国産グッピー

クリックで価格チェック

飼いやすさ・丈夫さ★★★★☆
他魚への攻撃☆☆☆☆☆ 
寿命/大きさMAX約2年 / 3-5cm

主にシンガポールやタイなどの温帯アジア地域、またスリランカで養殖されたグッピー。国産グッピーと比べると圧倒的に価格が安く、3ペア、5ペア、という感じでまとめて売られることも多いです。

オスのみ種別に水槽を分けているお店もありますが、メスはほとんどの場合ごちゃまぜに入っているので、よほど特徴のある品種でないと、同じ系統のオスメスを探し出すのは困難。品種を固定するような繁殖・飼育は外国産の場合はちょっと難しいかもしれません。

海外から大量の匹数が袋に入れられて輸送されてくるので、日本についたグッピーたちは疲れ切っています。お店でしばらく様子を見た状態で購入するか、自宅の水槽ではしばらく隔離して元気を回復させてあげると安心です。

国産グッピーに比べると体が大きな個体も多く、大きなメスは稚魚を食べてしまうこともあるので注意しましょう。

エンドラーズ

クリックで価格チェック!

飼いやすさ・丈夫さ★★★★☆
他魚への攻撃☆☆☆☆☆ 
寿命/大きさMAX約2年 / 2-3cm

グッピーの近似種ですが、体型、色彩、ヒレの形は野生のグッピーに近く、派手すぎない独特の雰囲気を持ちます。グッピーとも交配してしまうのでできれば別々に飼育したほうがいいでしょう。酸素たっぷりで流れがあるのが水槽環境が大好きで活発に泳ぎ回ります。オスもメスも小型なので出産数は一度に20-30匹ほど。親魚が小さい場合は子供が食べられることもないので、通常飼育下でもどんどん増えていきます。

何度も何度も交配を繰り返すと、背中が曲がったり、極端に小さな親魚になったりします。2年に一度くらいは、お店から新しいエンドラーズを買ってきて、繁殖に混ぜてあげると良いでしょう。

グッピーの野生種に非常に近い、と言われています。

プラティ

クリックで価格チェック!

飼いやすさ・丈夫さ★★★★★
他魚への攻撃☆☆☆☆☆ 
寿命/大きさMAX約2年 / 4cm

見た目は金魚のようにも見えますが、様々な色彩の種類のある卵胎生メダカ。もともとの野生種は地味な灰色ですが、改良種は赤や黄色、黒、グリーンなど色とりどり。

交配させてもグッピーのように色彩が落ちることはないので、繁殖後の楽しみも膨らみます。産まれてくる仔プラティは親とほとんど同じ形をしているのも見ていてかわいいですね。尻尾にミッキー柄の入ったミッキーマウスプラティは子供にも大人気です。

ソードテール

クリックで価格チェック!

飼いやすさ・丈夫さ★★★★☆
他魚への攻撃☆☆☆☆☆ 
寿命/大きさMAX約2年 / 5-6cm

ソード(剣)のような尾びれを持つ卵胎生メダカ。オスだけが尾びれの下部分が尖って伸びていきます。大きさは5-6cmほどに成長します。

野生種は地味な色ですが、一番売られているのはオレンジ色や黒のマーブル模様です。紅白のソードテールが作出されたときは衝撃的でした。体が比較的大きいので稚魚は食べてしまいます。増やしたいなら隔離できるケースが必要です。

ブラックモーリー

クリックで価格チェック

※写真は尾ひれの上下が長くなるライヤー系の個体

飼いやすさ・丈夫さ★★★☆☆
他魚への攻撃★☆☆☆☆ 
寿命/大きさMAX約3年 / 5-6cm

真っ黒なボディは個性的。且つ、しっとりとした雰囲気のシルクのような体表は高級感があります。繁殖、飼育ともにやや神経質なところがありますが、水に慣れればとても丈夫です。

糸状のコケを食べてくれるありがたい存在ですが、おなかがいっぱいになるとコケには興味を示しません。コケ取りとして泳がすのなら、人工飼料の量を調整しなければなりません。

セルフィンモーリー

飼いやすさ・丈夫さ★★★☆☆
他魚への攻撃★★★☆☆ 
寿命/大きさMAX約3年 / 7-10cm

観賞用の卵胎生メダカの中では大型になります。幅の広い背びれが特徴的で、長いドレスをまとったようなゴージャスな雰囲気です。

稚魚は他の卵胎生メダカよりは大きいので捕食される心配はあまりありませんが、水槽の主役としてやや攻撃的になることがあるので、一緒に泳がせる魚は選んだほうがいいでしょう。シルバー、ブラック、イエローなど、様々な色彩の個体がいます。

質問欄を閉じる

アクアリウムに関する質問はこちらから!