アクアリウムで癒やしの毎日を。みんなの知りたい!を集めた情報メディアです。

グッピーの飼育の基本。理想の水槽、必要な用品、フィルターは?

AQUAさん、熱帯魚を飼いたくて、まずはグッピー飼育に挑戦しようと思うんですけど、普通のメダカ飼育のように考えたら大丈夫ですか?

みどりさん

AQUAさん

お!みどりさん、いいですね。グッピーは非常に丈夫で飼育しやすく、繁殖も楽しめます。水温にだけ気をつけてあげれば、普通のメダカと同じ感覚で飼育できますよ。

グッピーはメダカの仲間の熱帯魚。魚としてはとても丈夫な部類に入り、適応する水質も幅広いので初心者でも簡単に飼育が楽しめます。オスの美しさはまさに「熱帯魚の代表」と言えます。

名称グッピー (Guppy) 外国では「ガッピー」と発音します
分類カダヤシ属 グッピー科
原産国・生息地ベネズエラ原産 現在は世界各地の温帯地域に生息
適水温・水質23℃~28℃ 中性~弱アルカリ性 比較的流れのあるところが好き。汽水域でも生存できる。
大きさオス2-4cm メス3-5cm
繁殖は容易一度に20-100匹の子供を約2週間間隔で出産。一度交尾すると2-3回はメスだけでも繁殖します。

理想の水槽は

グッピーは小型魚なので比較的小さな水槽でも飼育ができます。ただ、繁殖させて増やしたい、ということであればある程度の大きさの水槽が必要です。

目安としては1匹あたり1Lくらいの水量があることが理想なので、10匹なら10L、20匹なら20Lくらいの水量の水槽が適しています。各メーカーの商品サイトには水槽の水量が必ず書いてあるので参考にしましょう。

いずれ100匹以上のグッピーを泳がせたい、とか、他の熱帯魚と混泳させたい、ということであれば、幅45cmから60cmの水槽が理想。

水槽には様々な材質や形状がありますが、グッピーにはコレ!というものはありません。深さがあっても、浅くても、水量が適していれば大丈夫です。

テトラ (Tetra) スマート熱帯魚飼育セットSP-17TF

おすすめ度 ★★☆☆☆ 水量 5L

クリックして価格をチェック

AQUAさん

とにかく小さい水槽がいい!という人にはおすすめですが、この水量だと水汚れや水質維持コントロールが難しく、私でもあんまり自信がないですね。大きさや価格とは逆に、上級者向けです。

ジェックス 金魚元気 水きれいセットL

おすすめ度 ★★★★☆ 水量 20L

クリックして価格をチェック

AQUAさん

メーカーは金魚用に作った水槽セットですが、酸素供給力のあるフィルターと、水流を和らげるジョイントパイプはグッピー飼育に最適です。ヒーターは付属になっていないので別途購入しましょう。

ジェックス サイレントフィット500

おすすめ度 ★★★★☆ 水量 30L

クリックして価格チェック

AQUAさん

音が静かなフィルターがセットになっている水槽セットで、なかなか珍しい幅50cm、奥行きは20cmというちょっとというサイズです。水流を好むグッピーにとって程よい水の流れができるところがおすすめです。

さて、おすすめしてきた水槽セットはいずれもフィルターに重きをおいています。その理由を次のフィルターコーナーで説明します。

その他の水槽の情報はこちらから↓

デザインや素材、サイズなどなど。アクアリウムの中心となる水槽を選ぼう!

飼育に適したフィルター

水の汚れも気になるけど、小さな稚魚が吸い込まれたりしないか、そっちも心配だな

みどりさん

AQUAさん

グッピーだけで飼育するなら、水を極端に汚すことはないので、フィルター選びはグッピーにとってどうなのか、という点を優先したほうがいいでしょう。稚魚の吸い込みを防止するのも、フィルター選びのポイントの一つです。

フィルター選びの注意点

フィルターは濾過材交換が便利とか、ろ過能力が高い、酸素を供給してくれる、などなど選び方はたくさんあります。しかしグッピーを飼育する場合は2つ、注意点があります。

1,稚魚の吸い込みに注意

上部式フィルターや外掛け式フィルターなど、水槽外に水を汲み上げるタイプのフィルターはモーターに吸い込み力があるので、吸込口にできるだけスポンジ(ストレーナースポンジ)をセットしましょう。スポンジをセットしていれば、まず健康な稚魚が吸い込まれることはありません。

クリックして詳細チェック

2,親魚のフィルター内への飛び込み、水槽外への飛び出しに注意 ※特に外掛け式フィルター

水槽外に魚が飛び出して死んでいる姿を見るのは悲しいことです。また外掛けフィルターを使っているときに、グッピーがろ過槽の中に飛び込んでいることもよくあります。

魚の飛び出し防止にフィルター周辺の空間を塞ぐ工夫をする人もいます。実際グッピーはよく飛び出しますし、ろ過槽内にもジャンプします。これは諸説ありますが、グッピーが流れを好む魚で、流れに逆らって泳ぐ習性があるために、フィルターの流れの周辺でジャンプしてしまう、ということもあるようです。

AQUAさん

お店でもグッピーが群れをなして外掛けフィルターの中に入っていたことがあります(笑)。お客様は結構自分で工夫している人もいますね。

フィルター周辺をふさぐグッズもメーカーから発売されています。

ジェックス アクアフランジ

水質が悪化してくると特にきれいな水を求めて、水の流れに敏感になる(よく跳ねる)こともあるので、そうした姿を見たら水質もチェックしてみましょう。

オススメフィルター

エアリフト式フィルター

おすすめ度 ★★★★★

あまり熱帯魚飼育のイメージがないかもしれませんが、グッピー飼育には意外に適しています。理由は第一にエアポンプを接続することでの酸素供給力。水作、コトブキ、ジェックスからは吐出口に接続するパイプも販売されており、とってもおすすめです。

ジェックス パワーアップパイプセット

各社共通パワーアップパイプ単品

コトブキ パイプセットユニット

AQUAさん

エアリフト式フィルターにパイプを取り付けることで、水流が縦方向から横方向になるのもGOOD。水流がやわらかくなるのでグッピーの稚魚にもやさしいですね。各社共通タイプもあるので試してみてはどうでしょう。
小型水槽の金魚飼育に最適! ”エアポンプ接続フィルター”の特徴 

サイレントフロー

おすすめ度 ★★★★☆

ジェックス製のフィルター。あえて水流を弱くして、ろ過能力よりも静音性を優先しているフィルターです。水中モーターフィルターはろ過槽内のモーターの位置により水流の特性が変わります。

クリックで価格チェック

水作スペースパワーフィットやジェックス コーナーパワーフィルターなどはモーターが上側にあり、水をろ過槽を通じて吸い上げ、モーターの力がダイレクトに水流になるため、水流は強くなります。(調整が可能です)

サイレントフローのタイプはモーターが下部にあり、水をろ過フィルターに向けて押し出す構造なので、水流がソフトになります。このあたりがグッピー飼育には向いている点です。

AQUAさん

ろ過能力は決して高くないので、水槽容量に適したフィルターサイズを選ぶことと、グッピーの匹数には注意しましょう。
参考 サイレントフロー 詳しくはこちらから!GEX公式商品情報サイト

スポンジフィルター

おすすめ度 ★★★★☆

エアポンプ接続もしくはモーターを取り付けてで使うフィルター。ほとんどはエアポンプを接続するタイプです。初期のろ過能力はほとんどないので、水質が安定している水槽に向いています。エアポンプの吐出量を絞って使うと本当にやさしい水流になります。エアリフト式フィルターに比べると稚魚の吸い込みの心配が全くないので安心です。

テトラ ブリリアントフィルター

保温器具

グッピーは熱帯魚ですので日本の冬の寒さは耐えきれません。20℃程度でも生活できますが、活性が高くなるのは26℃前後。温度を調整できるヒーターもありますが、より安価な温度固定式で十分です。

保温ヒーターの選び方

照明器具は必要?

AQUAさん

せっかくの美しいグッピーですから、やっぱり照明器具をつけてキラキラ輝かせてほしいですね!
水草育成にもプラスですよね。照明器具を選ぶポイントがあれば教えてほしいです!

みどりさん

現在販売されている水槽用照明器具はほぼLEDのみになりました。LEDは省エネなだけでなく、光に熱をほとんど持たないためアクアリウムにとっては理想的です。水草を入れているのであれば、水容量1Lあたり10ルーメン程度の明るさを目安に選ぶと良いでしょう。

ほとんどのメーカーのLEDはにはルーメン表記がされています。10L水槽なら100ルーメン以上、30L水槽なら300ルーメン以上、といった目安です。

水草を育てる!アクアリウムを彩る!LEDを選ぶポイントと理想の照射時間。

飼育に適した底砂

グッピー水槽に底砂は必要か…その答えはYES!

ほとんどの場合グッピー水槽に水草は植えるので、底砂はあったほうがいいでしょう。一番オススメなのはソイル。水の濁りも抑えてくれますし、何より水草の育成にはプラスです。

水草を入れない繁殖専用の水槽みたいのも見ることがあるけど、やっぱりちょっと寂しいですよね。

みどりさん

おすすめソイル

「プロジェクトソイル」 シンプルなソイル

「ピュアソイルブラック」 黒色が魚の色を際立たせます

「プラチナム ソイル」ノーマルタイプでオールマイティ

その他の底砂選びはこちらから

水草を植えるなら必須。水もキレイにしてくれる底砂を選ぼう!

病気の話

グッピーは丈夫な熱帯魚の部類に入りますが、それでも病気になることはあります。かかりやすい病気の1位は白点病。白点病は早期発見でほとんどの場合治癒できます。

そして意外に多い病気に松かさ病があります。特にメスは子供がお腹にいるのか、松かさ病でお腹が膨れているのか見分けがつきにくい場合あります。松かさ病は感染はしないと言われるものの不治の病。

松かさ病はお腹の中が腐敗する病気なので、清潔なエサと水質を維持することが大切です。

魚の病気の話…その1 病気の主な原因と準備編 魚の病気の話…その2 病気の種類と対策、治癒の現実

繁殖を成功させるためのグッズ

AQUAさん

グッピーはとても繁殖力が強いので、状態が良ければつぎつぎに子供を生んでいきます。ただ、特に大きく育ったメス親は生まれたばかりの稚魚を食べてしまうことがあります。稚魚が育つまでしばらく隔離するか、水草などをたくさんいれて隠れ場所をつくる必要があります。

稚魚を隔離する場合、同じ水質の環境で育てたほうが安心。そんな発想でつくられた保護ケースを用意しておくと安心でしょう。

稚魚の大きさが概ね1.5cmくらいになれば、グッピーの親魚に食べられてしまうことはないと思います。ただし、その他の熱帯魚、たとえばネオンテトラなどのカラシン系の魚には食べられる危険もあるのでご注意ください。

クリックで価格チェック!

スドー サテライト

水槽枠にひっかけてエアーポンプを接続。エアリフトの力で水槽の水をケース内に引き込み循環させるので、水質も水温も飼育水槽と一緒にできます。食べられないくらいまで成長させたら親魚と一緒に泳がせればOK!

水作 フロートボックス

こちらは水槽内に設置するタイプ。浮力で水位に応じて浮き沈みするので使いやすいです。水槽内が邪魔になることを気にしなければ、こちらのほうが手軽です。

AQUAさん

さあ、いかがでしたか。しっかり環境を整えて、素敵なグッピーと一緒に美しいアクアリウムを楽しみましょう!
質問欄を閉じる

アクアリウムに関する質問はこちらから!